logo
レシピ食材レストラン トップページ


レシピ渦巻.GIF (282 バイト) フォイ・トーン
−甘い卵黄の金糸−
recipe50.jpg (19564 バイト) 卵と砂糖だけを使ったシンプルなお菓子ですが、実は非常に手のこんだ1品。きれいな“金糸”を作るポイントは、卵の殻の内側についている“水っぽい卵白”を入れることと、上白糖を使うこと。また、タイでは、“糸”を作るための専用のジョウロのような器具があるそうで、このお菓子のポピュラーぶりを物語っていますね。タイのお母さんは、余った卵白を使って、ちょっと淡白なサンカヤー・ファックトーンなどを作るそうですよ。

材料リスト(3人分)
10個 400ml
ラード 大さじ1杯 砂糖(上白糖) 800g
赤い食用色素(粉状) 極少量 バイトーン (長さ20cm〜30cm、幅10p程度のもの 2〜3枚

1


 卵は、卵黄のみをとりわけ、ボールに入れます。また、卵を割った際に、殻の内側に残った、卵白の水っぽい部分をかきだし、卵黄とともに、ボールに入れます。そこに、ラードと食用色素を加え、よく溶きます。

2


 鍋に水をはり、火にかけます。沸騰したら、火力を落し、上白糖を加えてかき回します。砂糖が十分溶けたら、シロップ状にトロミがつくまで、そのまま煮詰めます。

3


  バイトーン を、底辺の直径が10cm程度の円錐形の器になるように丸め、端をホッチキスで留めます。そして、円錐の頂点を、はさみでほんの少し切り、2mm程度の穴をあけます。

4


  バイトーン の器に、手順1の卵黄を8分目まで流し入れます。この時、卵黄が流れ出ないように、先端の穴を指でふさいでおきます。

5


 手順2の鍋の火を弱火にします。その煮詰めた砂糖水の中に、手順4の卵黄を、渦を描くように流し入れてゆきます。 バイトーン の器1杯分を流し入れたら、火力を少々上げます。渦巻きの形が崩れない程度に卵黄が固まったら、串などでたぐり寄せるようにして、卵黄をすくい上げます。そして、水気をきり落とし、お皿にのせます。
 
※ すべての卵黄を使い切るまで、手順4〜5を繰りかえします。 バイトーン の器が壊れた場合は、再び新しいものを作成してください。

レシピINDEXに戻る


ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square