logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)

  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
  

saketitle.jpg

titlelogo.gif (2448 バイト)

 辛い、甘い、香ばしい、酸っぱい等、多彩な味わいを楽しめるのがタイ料理です。
 そんな辛いタイ料理を食べて「飲みたいものは?」と聞かれると、ついつい「ビール!」と答えてしまいます。
 アルコールが苦手な人はともかく、やっぱりタイ料理とビールは良く合います。今回はそんなタイ酒好きの人の為に、タイのお酒事情の一端を紹介します。

 タイのお酒ってどんな種類があるの?

 シンハービール、メコンウィスキー、とタイのお酒といえば、まずこの二つの名前が挙がります。実際、これらの銘柄が表わすとおりに、タイのお酒はビールとウィスキーに大別することができ、其々いくつかの銘柄があります。
 この他にもラオカーオと呼ばれる焼酎のようなお酒もありますが、めったにお目に掛かれないようです。またタイでは、ビールはメコンクラスのウィスキーに比べると若干高い値段になっています。
 ビールよりもウィスキーを好んで飲みます。屋台などでは、テーブルの上にあるのはメコンのボトルがほとんど。道端の屋台で一本のメコンを数人で空けながら、談笑するお酒の楽しみ方は様々なのです。

bin3.jpg (6916 バイト)

シンハーだけじゃない!

 タイのビールには、幾つかの銘柄があります。シンハー、シンハーゴールド、シンハードラフト、クロスター、アマリット、チャーンなどが国産品として発売されている銘柄です。以前は、シンハー一辺倒だったタイのビール業界も徐々に変わってきているようです。
 その他では、日本でもおなじみのカールスバーグ、ハイネケンがライセンス生産されていて、これらのビールを飲んでいる旅行者を意外に多く見かけたりします。

bin1.jpg (6933 バイト)

ビールは氷を入れて飲むもの?!

 タイでは時々、ビールに氷を入れて飲む人を見かけます。でも、これはどうもタイならではの理由があったようです。
 タイでは冷蔵庫が普及したのは最近の話。それ以前からビールは販売されていました。
 「ビールは冷えていたほうが美味い」と思うのは、日本人もタイ人も同じなようで、当時のタイの人は冷えたビールを飲む為に、コップに氷を入れていました。タイのビールに関してはタイ四方山話で二回特集していますので合わせて参考下さい。
タイのビール事情1 タイのビール事情2

bin2.jpg (7146 バイト)

タイはお米の国

 タイ国産のウィスキーには、メコン、ホントーン、セン・ティップなどの銘柄があり親しまれていますが、厳密にはウィスキーではありません。本来、ウィスキーは麦を原料にして作るものですが、これらのお酒の原料は米。ですので、タイ国産のこれらのウィスキーは、タイオリジナルのタイウィスキーになるのです。その他、輸入物でタイで人気のあるウィスキーは、ジョニーウォーカー。
 メコンをお土産にと思う人は、空港に行く前に買っておいた方が賢明。空港ではメコンを置いてありません。

logo2.gif (2416 バイト)

シンハービール/
シンハーゴールド
sake1.jpg (12056 バイト)
現在では、どちらもよく見かけるようになった。ただし同じシンハーでも、輸出用と国内用があり、タイの人にいわせると「全然味が違う」。

・クロスタービール
sake2.jpg (10932 バイト)
ライオンのマークが目印。緑色の瓶とラベルのデザインがなかなかオシャレ。置いているお店はあまり多くないけれど、探せばすぐ見つかるはず。

チャーンビール
sake3.jpg (9943 バイト)
最近、日本でも輸入販売されるようになったビール。象がトレードマークになっていて、とてもタイっぽい。クロスターよりは見つけやすい。

・メコンウィスキー
sake4.jpg (11197 バイト)
シンハーは置いてなくても、メコンは置いてあるリカーショップもある位よく見かけます。



ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square