logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)
  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
  


 生きているうちに、世界遺産をいくつ制覇できるでしょうか?
 こんな旅の楽しみ方もいいものです。
 せっかく、素晴らしい遺跡を巡っても、その概要が分かっているのといないのとではずいぶん意味の違う観光になります。もちろん、何にも知らなくても、見ているだけでその偉大さが伝わってくる雰囲気・迫力を味わうのもひとつの醍醐味ではあります。でも、後で知って悔いることも・・あるでしょう?そんなことがないように、少し予備知識を蓄えておきましょう。
 そこで今回は、タイの世界遺産特集Vol.1と題しまして、【アユタヤ遺跡と周辺の歴史地区】についてご紹介いたします。
 旅行の計画資料に、お役立てください。


.基礎知識編

【世界遺産とは】
1972年第17回ユネスコ協会で「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(Convention for the Protection of the World Cultural and Natural Heritage)が採択され、地球上に存在するかけがえのない自然や文化的な価値を持つ遺跡を、世界の全ての人々の宝物として保護していこうという動きにより、指定されたものです。
 [1]目的
世界の文化遺産及び自然遺産を保護するために、保護を図るべき遺跡のリストアップを行い、締約国の拠出金からなる世界遺産基金により、各国が行う保護対策を援助するため
 [2]世界遺産リスト
文化遺産(380)・自然遺産(107)・複合遺産(19)を登録(数は1996年時点)
 [3]事務局
UNESCO

※参考:日本の世界遺産
文化遺産:
広島平和記念碑(原爆ドーム)・厳島神社・姫路城・法隆寺地域の仏教建造物・古都京都の文化財・白川郷五箇山の合掌造り
自然遺産:
白神山地・屋久島

【タイの世界遺産】
◆世界遺産に登録されたもの
タイの世界遺産は4つです。詳細は、文化遺産3ヶ所と自然遺産1ヶ所になります。

文化遺産
 1.アユタヤ遺跡と周辺の歴史地区
 2.スコタイ遺跡と周辺の歴史地区
 3.バンチェン遺跡

自然遺産
 
1.トゥンヤイ・ファイ・カ・ケン動物保護区

◆タイ王国の締約履歴
 
国連加盟:1946年
 ユネスコ:1949年
 世界遺産条約:1987年9月17日 受諾
※タイは、2003年11月まで世界遺産委員会構成国(21ヶ国:任期6年)


2.世界遺産の紹介(アユタヤ遺跡と周辺の歴史地区)

【プロフィール】
 登録名:
アユタヤ遺跡と周辺の歴史地区(Historic City of Ayutthaya and Associated Historic Towns)
 指定年:
1991年
 登録理由:
現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または、少なくとも稀な証拠となるもの
【特徴】
寺院・宮殿・仏像などの遺跡が点在する古代都市
遺跡の街、神聖な街として崇められている
ちなみに「ゼロ・ゼロ・ワンダフォー」で有名な某国際電話のタイ版CMのロケ地でもある
 
【アクセス】
バンコクから、北へ約67kmに位置します。東西約7km、南北約4kmに渡る川に囲まれた島状の地形をしています。陸路・水路ともに発達している地域です。
【観光スポット】


地図:(1)
■ワット・プー・カオ・トン
タイ様式の黄金寺院
 1569年、ビルマのバイナウン王がアユタヤを占領したときに建てた高さ80mの寺院です。当初はビルマ様式だったものの、アユタヤ王朝を再興したナレスアン王がタイ様式に改めました。現在の塔は、1956年に造られました。1956年、仏歴25世紀を祝って頂上に2.5kgの黄金の珠が付けられ、別名「黄金の仏塔寺院」と言われます。仏塔へは、階段で上ることができ、アユタヤの街を一望できます。

 注目: 頂上からの見晴らし

地図:(2)
■ワット・ナー・プラメン写真提供:タイ政府観光庁
ビルマ軍の破壊から奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院
 ガルーダにまたがるヴィシュヌ神のレリーフが当時のままの姿で残されています。寺院全体は、15世紀に入って、ラマ4世の手により修復されました。本堂には、アユタヤ最大規模を誇る高さ5mの仏像が王の正装を纏って安置されています。また、本堂右手にある小さな礼拝堂には、1838年にナコーン・パノムから請来したドヴィラティ期に造られた深い緑色の仏像が祀られています。

入場料: 10B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)

地図:(4)
■ワット・プラ・スィ・サンペット写真提供:タイ政府観光庁
歴代3人の王の遺骨を納めたセイロン様式のチェディと呼ばれる仏塔3基

 王宮建築の重要度なら、バンコクのエメラルド寺院級であります。1491年、最初の王朝の宮殿跡に建てられたアユタヤで最大規模を誇った王室専用寺院となりました。1500年、ラマティボディ2世により高さ16m、重さ171kgの黄金の仏像がつくられました。1767年、ビルマ軍侵略により、寺院もろとも破壊されて今に至ります。

入場料: 20B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)
注目: 日没後のライトアップ

地図:(5)
■ワット・ロカヤ・スタ
全長28m、高さ5mの巨大寝釈迦

 アユタヤの西方、クン・ペーン・ハウスの北側の大草原にどーんと白い寝釈迦像が横たわっています。1956年に復元されたもので、80歳で入滅した仏陀を表す像なのです。

 注目: 穏やかな寝釈迦の表情、おみやげ物屋さん

地図:(6)
■ワット・プラ・ラーム
初代ウートン王の菩提寺

 1369年に2代目ラーメスワン王によって、ウートン王が火葬された場所に遺骨を納めるために建てられた初代ウートン王(ラーマティボディ1世)の菩提寺。現在では、巨大な塔堂と4基の仏塔と朽ちた仏像が残っているのみです。北側の広場には、1970年に除幕されたウートン王のブロンズ像がたたずみます。

入場料: 30B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜17:00(1999年調べ)
注目: 夜のライトアップ

地図:(7)
■ワット・ラチャブラナ
8代目の王の兄2人が眠る寺院
 1424年、8代目の王が王位継承を争った兄2人へ建立した寺院です。1958年の修復の際、発掘された宝物類はチャオ・サン・プラヤー国立博物館へ納められています。

入場料: 20B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)

地図:(8)
■ワット・プラ・マハタート写真提供:タイ政府観光庁
13世紀の重要な寺院、木の根の間に埋め込まれた仏像の頭が有名
 当時は、塔の頂上が黄金に輝いていたといわれていましたが、ビルマ軍の侵略によって破壊された現在では廃墟という面影が強いかもしれません。木の根の間に埋め込まれた仏像の頭のほかに、頭部のない仏像・礼拝堂の土台とレンガの壁が残っています。1956年の修復の際、発見された黄金仏や宝飾品は「チャオ・サン・プラヤー国立博物館」に展示されています。1369〜70年の2代ラーメスアン王が建てた説と1370〜88年の3代ボロムラーチャー1世が建てたという2説があります。(さてあなたは、どちらだと感じますか?)

入場料: 20B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)
注目: 日没後のライトアップ

地図:(9)
■ワット・スワン・ダララム
チャクリ王朝ご用達の王室寺院
 
チャクリ王朝の初代ラマ1世の父が建立した寺院。後に修復され、チャクリ王朝ご用達の王室寺院に生まれ変わりました。鮮やかなフレスコ画の壁画、繊細な細工を施した柱など当時の典型的な建築様式がうかがえます。
 


地図:(10)
■ワット・プラチャオ・パナンチェン
ビルマ軍の戦いから奇跡的に残った、参拝客の多い縁起寺

 アユタヤが首都になる26年前(1324年)に建立。高さ19mの黄金仏の座像を本尊にして、中国形式の装飾で飾られた堂内は他の寺院とはまた違った魅力が味わえます。ビルマ軍の戦いから奇跡的に残ったということもあり、縁起の良い寺として厚い信仰を集めています。

入場料: 20B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)

地図:(11)
■ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
勝利記念の仏塔
 1357年、初代ウートン王がセイロンに留学中に修業僧たちの瞑想のために建てた寺院。高さ72mの仏塔は、1592年に19代ナレスアン王が象にまたがって一騎打ちでビルマ王子を破った勝利記念した塔です。周囲を囲む、鮮やかな黄金色の衣をまとう仏座像や寝釈迦もあります。

入場料: 20B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)

地図:(1)
■チャンタラカセーム宮殿
歴代の皇太子たちの公邸
 1577年、19代マハタチャ王が息子のナレスアン王のために建てた歴代皇太子の公邸。ビルマ軍の侵略により一時焼失しましたが、後にラマ4世が後に修復し、夏の離宮や市役所に流用され、現在では博物館になっています。

入場料: 20B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜16:30 月火は休館(1999年調べ)

地図:(2)
■スリーヨータイのチェディ
王が妃に捧げた愛の証

 白象王とも言われる17代チャクラパット王の妃の遺骨が眠る仏塔。妃は、1549年のビルマ軍との戦いに男装して象にまたがって参戦した時、夫の危機を救うために殺されました。戦後、王が妃の勇気を讃えるために建てた黄金の仏像が置かれているのです。
 


地図:(3)
■ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット
タイ最大の高さ17mの黄金巨大仏像を安置している仏塔
 1603年にラーマティボディ2世により設立。タイ最大のブロンズ製の仏像が安置されています。1951年の修理の跡には、仏像の体内から何百体もの小さな仏像が発見されました。アユタヤ中心地で、最も参拝客の多いところになります。

開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)
注目: ろうそく、花などのおみやげ物屋さん

地図:(4)
■クン・ペーン・ハウス
古典文学作品に基づいて再現された資料館
 
アユタヤ時代の民家を復元した建物です。文学作品「クンチャンとクンペーン」の文中描画に基づき、木造の高床式民家が再現されたものです。

開館時間: 8:30〜16:30(1999年調べ)

地図:(5)
■チャオ・サン・プラヤー・国立博物館
ワット・プラマハタートとワット・ラチャ・ブラナから発見された宝物類を展示
 1956〜57年に行われた「ワット・プラマハタート」と「ワット・ラチャ・ブラナ」の政府機関の発掘調査により、発見された宝物類を展示する資料館です。

入場料: 30B(1999年調べ)
開館時間: 9:00〜12:00 13:00〜16:00 月火祝日は休館(1999年調べ)

地図:(6)
■アユタヤ歴史研究センター
アユタヤの歴史と文化の資料館
 
日タイ友好100周年記念行事の一環として1990年に設立。復元模型・ビデオなどの展示で、アユタヤの歴史を紐解きます。併設図書館には、歴史資料が約3,000冊収蔵されています。

開館時間: 9:00〜16:00(1999年調べ)

地図:(7)
■日本人町跡
王朝に仕えた日本人の居留跡
 16世紀はじめに、御朱印船貿易に携わった日本人たちが築いた居留跡です。最盛期には、2,000〜3,000人もの日本人が住んでいたとか。貿易を営むだけでなく、アユタヤ兵としてビルマとの戦いにも参戦したそうです。その活躍は、日本人町の町長であった山田長政が22代ソムタム王から官位を与えられるほどでした。鎖国が始まった18世紀初めまで栄えた地域です。敷地内には、石碑や山田長政の祠が祀られています。但し、山田長政は日本では有名ですが、タイ人で彼を知っている人は少ないそうです。

※山田長政についての詳細は第41回特集「六昆王 山田長政」を参照してください
 


ちょっと、郊外のみどころ

■バン・パイン宮殿写真提供:タイ政府観光庁
歴代王たちの絢爛豪華な夏の離宮
 1637年、アユタヤ王朝24代目のプラサート・トォン王が建てた宮殿です。1767年のビルマ軍攻略以後は放置されたままでしたが、チャクリ王朝ラマ4世と5世により再興されました。離宮にはパビリオンと呼ばれる5つの館が点在し、中央に位置するタイ風建築のプラ・アイサワン・ティッパート、中国風建築のプラ・ティナン・ウィハット・チャムルン、ルネサンス風のプラ・ティナン・ワロパット・ピマンなど、建築美の競い合う空間です。中国風建築のプラ・ティナン・ウィハット・チャムルンは内部見学が可能です。

入場料: 50B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜15:30(1999年調べ)

■ワット・ニウェート・タンマプラワット
ゴシック様式の仏教寺院
 
バン・パイン宮殿の南側の対岸に位置する、ラマ5世により建てられた仏教寺院です。

入場料: 50B(1999年調べ)
開館時間: 8:30〜15:30(1999年調べ)
【イベント・祭り】
せっかく行くなら、日程をちょっと修正して、イベントに合わせてみるのはいかが?
 1月中旬:バンサイ美術&工芸展
 王室後援で行われる、アユタヤ南部のバンサイ地方独特の美術品、工芸品を紹介するイベントです。ショッピング、職人の実演販売、民族音楽、演芸など。
 陰暦3月の満月の日:マカ・ブーチャ
 旧暦3月の満月の夜に、釈迦の説教を聞くために、1,250人もの信者たちが集まった故事を記念する祝日です。仏教寺院で、善行や説教、提灯巡行など。
 4月13〜15日:ソンクラーン祭
 タイの新年を祝う、別名「水掛け祭り」です。耕作期に十分な水の恵を授かるように祈りながら、水を掛け合います。プラ・モンコン・ボピット前で、13日にイベントがたくさん行われます。観光客も参加できます。
 陰暦6月の満月の日:ヴィサカブチャー
釈迦の誕生、悟り、そして死を表す、タイの仏教祝日の中でも最も聖なる祝日です。仏教寺院で、善行や説教などの儀式、提灯巡回など。
 8月12日:王妃誕生日
 王妃の誕生日を祝う日です。政府機関・商業ビル、各家庭など、様々なところで飾りつけが行われます。また、夜のイルミネーションが素晴らしいそうです。
 11月中旬:ボートレース
 全国各地で行われる、仏教徒の称賛記念イベントです。チャオプラヤー川など、川に囲まれたアユタヤのボートレースは、特に壮麗で見ごたえ十分!
 11月中旬:ロイ・カトン
 満月の夜に、バナナの葉で作ったカトン(灯篭)にろうそくや花や香などを載せて、罪を洗い清める伝統行事です。カトンのコンテスト、バンサイ地方の工芸の実現や展示などのイベントが盛りだくさんです。
 12月5日:国王誕生日
 国王の誕生日を祝う日です。政府機関・商業ビル、各家庭など、様々なところで飾りつけが行われます。また、夜のイルミネーションが素晴らしいそうです。
 12月中旬:アユタヤ世界遺産祭り
 世界遺産に指定されたことを祝う祭りです。ワット・プラ・スィ・サンペットなどが随所の遺跡がライトアップされるほか、一大歴史パークのように盛大にイベントが繰り広げられます。花火、歴史と文化の展示、伝統音楽の演奏、伝統演劇の上演など。
【観光Tips】
・気候
 
熱帯サバンナ気候(首都バンコクよりは、朝夕の暑さはしのぎやすいかもしれない)です。一年を通して、昼間の最高気温は30℃を越す日がほとんど。また、雨期(6〜8月)は蒸し暑いです。日差しが非常に強いので、長く遺跡を見て回りたいのなら、必ず帽子を携帯するべきと言えるでしょう。また月並みですが、長袖のジャケットを1枚用意しておくと、寺院拝観の時の肌を隠すアイテムとして、また屋内のエアコン対策として役立つはずです。

・マナー
 
タイの国民の94%は、信仰心の厚い仏教徒。観光する寺院、つまりタイ人がまつり崇めているものに対しては、敬意をもって接する気持ちを忘れずに!!また、寺院での肌の露出は避けましょう。そして、女性が僧侶に触れることは厳禁です。気を付けましょう!
 

【遺跡周辺おすすめタイ料理】
[1]魚介&野菜たっぷり王廷料理
[2]川沿いのレストラン・屋台
 
【お土産】
 アユタヤの伝統郷土品:バン・パイン宮殿近く、バンサイ地方が発祥の地。伝統工芸なので、工房を兼ねた販売店では、職人の名人芸も堪能できます!!
 [1]魚のモービル
 [2]タイの民族人形
 [3]手作りナイフ

.もう少し詳しく、タイの歴史を知りたい方へ

【歴史】
◆アユタヤ王朝
 
アユタヤの街はスコタイ王朝時代から既に貿易の中心地として栄えていました。1351年、ウートン地方のラーマティボディ(ウートン王)によってアユタヤ王朝が開かれました。自らがラーマティボディ王となり、この地を「無敵の」という意味のサンスクリット語に由来する「クルンテープ・タワーラーワディ・シー・アユタヤ」と命名しました。その後、1350年から1767年の417年間で、35代(36代という書籍もある)にわたって王が偉大なる歴史を築いた都市です(ラーマティボディ王の死後は、スパンナプーム王家、スコタイ王家、プラサートーン王家、バーンプルルアン王家の4王家に支配を受ける)。
 水路に恵まれ、大いなる繁栄を続けました。17世紀はじめには、近隣アジア・イギリス・ポルトガル・オランダ・スペインなどの西欧諸国とも交易を行うようになり、国際貿易都市として世界中にその名を広めました。内政面では、中央集権を確立し、歴史上に大きな功績も残しています。
 「アユタヤ」とは平和を表す言葉でもあるそうですが、その意味とは裏腹に、王位継承争い・ビルマ軍の侵略など絶え間なかったそうです。そしてとうとう、1767年にビルマ軍の侵略にあい、破壊され、その栄光の幕を閉じることになります。奇跡的に戦火を逃れた寺院・宮殿、朽ち果てた仏像など、数々の遺跡が、アユタヤ王朝の栄枯盛衰を偲ばせます。

◆タイの歴史におけるアユタヤ王朝の位置
 
アユタヤ王朝は、以下のように1238年のスコタイ王朝から始まったタイの歴史において、2番目に繁栄した王朝です。尚、2世紀から6世紀ごろまでは、カンボジアのクメール王朝がタイ地域まで勢力を張っていました。

●タイの歴史の流れ:概要
 [1]スコタイ王朝
 1238年より、タイ族が先住民族を破ってタイ北部のスコタイに建国した王朝です。
 [2]アユタヤ王朝
 1350年より、スコタイ王朝時から貿易の中心として栄えていた南部のアユタヤに建国した王朝です。
 [3]トンブリ王朝
 1767年より15年の間、ミャンマー軍侵攻によりアユタヤが陥落した後、タイ再建を目指したが1代で終わってしまった王朝です。
 [4]チャクリー王朝(→歴代国王は「ラマ」と呼ばれています)
 1782年より、トンブリの対岸のバンコクに建国した王朝で、現在も続いている王朝です。

【タイの世界遺産特集シリーズ】

  ■世界遺産を制覇しよう!Vol.1 【アユタヤ遺跡と周辺の歴史地区】
  ■世界遺産を制覇しよう!Vol.2 【スコタイ遺跡と周辺の歴史地区】
  ■世界遺産を制覇しよう!Vol.3 【バンチェン遺跡】
  ■世界遺産を制覇しよう!Vol.4 【トゥンヤイ・ファイ・カ・ケン動物保護区】




ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square